「GTR2」のレースレポートをつけるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メタセコマスターへの道~UVマッピング編その1~

見出し

現在、勉強を兼ねて2002年型NSX-GTを作成しております。すでにUVマップを済ませてZM2にていろいろと調整中でございます。。。いつの日かゲーム上で走らせt(ry

本題に入ります。
メタセコ
今回、NSXをモデリングした際にお世話になったメタセコイアについての解説(という程のものでもない;)をしてみたいと思い。久々のブログ更新となりましたw

モデル作成を1から10まで教えるのはとても無理ですし、僕もまだまだなので今回は「UVマッピング」についての説明となります。

興味がある、または時間がある方は是非見ていってください^^がんばります~  それでは続きから解説に入ります。
UVマッピングとは何ぞや?という方はまずUVについて調べていただいてから記事を見ることをお勧めします。今回の解説では実際に僕が行ったUVマッピングの方法その1を紹介します。

○用意するプラグイン
  ・UVPowerTools
  ・UVPowerUnwrap
  ・mAstarTool(無くても出来ますが、あると楽が出来るかも?)
http://space.geocities.jp/uvpowertools/ ←こちらに置いてあるようです

導入方法はダウンロードしていただいたファイル内のテキストを読んでいただければ分かると思います。僕は中のものをすべてぶち込んでみましたw


導入したらパネルを呼び出します。必要の無いときは邪魔なので消しといた方がいいですw
パネルの呼び出し


使い方を説明するために超絶手抜きな板をモデリングしてみました。車で例えるとボンネットだと思っていただければいいですね。左右対称な物体ですので左側しかモデリングしてません
お題


UVを始める前に、材質設定を行います。GTR2向けにモデリングを行っている場合は「ボディ」と「内装」と「ウィンドウ」の3つは必要になるでしょう。材質パネルを呼び出して・・・
材質1



新規から材質を作ります、中のパラメータはテキトーでおkだと思います。模様という部分がテクスチャとなります。
材質2



その材質でUVを行いたい部分をポチポチと選択していきます。
選択中のオブジェクトはすべて同じ材質で!という場合は「未着色面に材質を割り当てる」を行うと一瞬で完了します
材質設定



ここからがやっとUVマッピングですね、、、これだけ単純な形状だとすでにUVが展開されておりますが。見て分かるとおり縦長にゆがんでますね?これを直していきます。
材質設定



選択部処理からUVPowerUnwrapのautoを行うことでずいぶんマシな縦横比で再展開されましたね?
AUTO.jpg


それでもなんだか歪んでる・・・という場合は動かしたくない頂点を2つ以上選択(選択する頂点が異なれば異なる結果になりますので理想のUVになるまで繰り返します)した後、選択部処理からUVPowerUnwrapのrelaxを行う事でかなり改善されます。
リラックス



左右対称の物体をモデリングする場合、多くの人はミラーリングによって作ると思います。当然「鏡」なわけですから、そのままミラーを固定してしまうとUVが同じ位置に出来てしまい、イメージと異なる結果となります。

そういう場合に役立つテクニックがアジのヒラキですw名前のとおり、真ん中からぱっくりと・・・

準備として真ん中の頂点を整列させます。もし頂点がずれてるとUVが割れますので、真ん中の線となる部分は整列させなければなりません。整列させたことで頂点が動いた場合は選択を解かずにリラックスを行うと理想に近いUVとなります。
整列



ミラーを行う前に頂点すべて選択しておきましょう。そしてミラーのフリーズ
開き


ミラーをフリーズしたらヒラキます!UVPowerToolsのパネルのヒラキの中から上下左右のいずれかを選択し、開くのですが、今回は左の頂点を整列したので左側に開きました。
開いた
※一番端(左に開く場合は左端)の頂点を基点として開くため、くっ付けたい部分の頂点を整列させないとUVが割れます。



どうやらUVが左右逆転してたようなのでUVを左右反転して直します。UVPowerToolsのパネルから反転の左⇔右を押すと一発で治ります。当然反転する前にすべての頂点を選択しましょうね。
完成


後は位置を調整したりで完成
終了



これで、基本的なUVマッピングは終了~長かった・・・ですが、慣れれば応用が利くようになってパパッと出来るようになります。
他にも場面によっていろんなUVマッピングのやり方があるのでそれについてはまた後日・・・

この記事に書かれている内容で間違っている点や、こうしたほうがいいというアドバイス等がございましたら、どしどしお寄せください。。。
[ 2012/02/18 00:48 ] その他 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【メタセコマスターへの道~UVマッピング編その1~】
現在、勉強を兼ねて2002年型NSX-GTを作成しております。すでにUVマップを済ませてZM2にていろいろと調整中でございます。。。いつの日かゲーム上で走らせt(ry本題に入ります。今回、...
[2012/05/02 11:11] まとめwoネタ速neo
まとめtyaiました【メタセコマスターへの道~UVマッピング編その1~】
現在、勉強を兼ねて2002年型NSX-GTを作成しております。すでにUVマップを済ませてZM2にていろいろと調整中でございます。。。いつの日かゲーム上で走らせt(ry本題に入ります。今回、...
[2012/05/02 11:11] まとめwoネタ速neo
プロフィール

hosodaSR

Author:hosodaSR
GT5:hosodasr
Skype:mowsun
セッティングよこせやゴルァ!!!って方はSkypeにコンタクト下されば差し上げます。

ショッピング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。